イギリス留学
スポンサーリンク

あらすじ

割と留学というと高校生や大学生をイメージする方が大半だと思いますが、社会人になってからの留学でも全くもって遅くはないです!

なぜそんなことが言えるかというと、筆者は当時28歳の時にイギリスに語学留学をしましたが、同じクラスには、30、40代の方もいましたし、なんと50代、60代の方もいました。

当然10代、20代の方も多いですが、30代以上の方も数多くいました。
 
ですので、現在社会人で留学に行こうか迷っている方は安心してください!

 

そして学生の方でも留学への不安がある方はこの記事を少しでも読んでいただき、参考の一つにでもしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

留学費はいくらかかる?

 

はてな

 

実際のところ留学費はいくらかかるのか気になりますよね。

 

ざっくりですが、自分のケースを元にして一覧を出してみました。

 

memo
マンチェスターで3ヶ月の場合

学費    約 750,000円
渡航費   約 120,000円
生活費   約 200,000円
交際費   約 150,000円
 計    約 1,220,000円

 

上記はあくまで筆者の例ですので、出発地や行き先、滞在日数によっても金額は変わってきます。

 

またマルチ・カーレンシー・キャッシュ・パスポートを持っていると学費や生活費をカード一枚で管理することができますのでこちらはおすすめです。

 

マルチ・カーレンシー・キャッシュ・パスポートに関する記事はこちら

 

スポンサーリンク

EF (Education First)とは

 

EFとは1965年に創業した留学斡旋会社で、世界114ヶ国の国と地域で活動しています。

スイスに本部を置き、世界各国に計612の学校やオフィスを構えています

 

世界でも一番大きい留学斡旋会社とも言われており、留学では世界的に人気の高い会社です。

 

日本での本社は東京の渋谷にあります。

 

ホームステイ先

 

ホームステイ先

 

ホームステイ先は学校から徒歩15分のところにあり、毎日歩いて通っていました。

 

家族の国籍はナイジェリアで、お母さんに関してはイギリスに30年近く住んでいるとのことで、イギリスの永住権を持っています。

 

ホームステイ先の家族構成

 

  • (職業がナースの方で、面倒見がいいお母さんでした。)
  • 長男(結婚し自分の家を持っていたのでこの家には住んでいませんでした。)
  • 次男(自宅で仕事をしていた方だったので、一番お世話になりました。)
  • 三男(この家在住でした。)
  • 長女(この家には住んでおらず、たまに遊びに来るくらいでほとんど会ったことはありません。)
  • 次女(長女と同じです)

 

父とは離婚しており、現状では母、次男、三男の3人暮らしでした。

 

ルームメイト

 

  • 筆者(日本人)
  • 中国人
  • チリ人
  • トルコ人
  • ペルー人コロンビア人(途中からペルー人が寮に移ったため、開いた部屋にコロンビア人の生徒が入居しました)

 

二人部屋に筆者とペルー人、もう一つの二人部屋にチリ人と中国人、一人部屋にトルコ人といった構成で住んでいました。

 

体験談
やはりルームメイトが一番仲良くなることができるのではないでしょうか。

毎日顔を合わせるので、筆者の場合はクラスメイトよりルームメイトの方が仲良くなれた気がします。

ちなみに日本に帰った今でもたまに連絡を取り合ったりしています。

 

マンチェスター校

 

自分が通っていた学校はイギリスにある、EFマンチェスター校でした。

 

人種も様々な国の方がおり、年齢層も幅広いです。

 

地図では下記の位置になります。

 

memo
校舎は割と広く、一階には受付や食堂があり、二階には教室やコンピュータールームがあるなど施設は充実していました。

中心地からはバスで30分くらいの時間で行ける場所にあります。

 

クラス分け

 

クラス

 

クラス分けですが、基本的にはCFER(セファール)に沿って決められ、A1からC2の間でレベル分けされます。

  • C2: 上級
  • C1: 上級
  • B2: 中級
  • B1: 中級
  • A2: 初級
  • A1: 初級

 

レベル別詳細
C1からC2までのクラスの人はProficient User(プロフィシェント・ユーザー)と言われ、熟練した言語話者という扱いになります。

B1からB2までのクラスの人はIndependent User(インデペンデント・ユーザー)と呼ばれ、日常会話は問題なく出来るレベルと見なされます。

A1からA2までのクラスの人はBasic User(ベーシック・ユーザー)と呼ばれ、基礎学習を始めた方という認識になります。

 

チェック!クラスが上がる前に必ず試験があり、その結果によって次のクラスに上がれるかどうかが決まります。

 

CFER(セファール)に関する記事はこちら

 

まとめ

社会人になってからの留学はむしろ「英語を学びたい!」という自分の意志が強く出ているので、英語を学ぶことに集中できるのではないでしょうか。

学生の方は学生で早くから英語を学べることは将来かなりの武器になりますし、違う国の文化を肌で感じれることは絶対いい経験になるはずです!

自分としてはこの留学で学べたことは数多く、行って良かったとしかいいようがないくらい良い経験になりました。

何かをしたいと思うことに遅すぎることはないと思えた体験でした。

 

また別記事日本の英語教育は無意味?本当に英語を学びたいなら留学に行くべき!でも書きましたが、英語を学ぶなら留学が一番のおすすめです。

 

英語学習はもちろんのこと、様々な国の人達と交流することで見えてくるものもあり、自分にとってかけがえのない思い出となるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう