link リンク
スポンサーリンク

あらすじ

皆さんSEO対策においてリンク(内部リンク・外部リンク・被リンク)は重要な要素だとご存知でしょうか。

 

おそらくSEOに関しての知識がある方なら、ある程度リンクの重要度に関してはご存知だと思います。

 

昔ほど効果は高くないと言われていますが、以前としてリンクSEO対策において重要な要素であることには変わりません。

 

今回はそんなリンクに関して、SEO初心者の方でもわかるように詳しくご紹介していきたいと思います。

 

具体的には

  • リンクとは
  • リンクの種類(内部リンク・外部リンク・被リンク)
  • リンクは何故重要だと言われているのか
  • 被リンクを狙ったネガティブSEO(逆SEO)

といった項目でご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リンクとは

 

リンク link

 

リンクとは、ウェブサイトにおいて、他のサイト、ページもしくは自サイトの他ページに移動する入り口のことを指します。

 

みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

よくウェブサイト上で、「詳しくはこちら」や「お問い合わせはこちら」といった文字を見たことありませんか?

まさにあれが他ページに飛ばしてくれるリンクです。

 

もしくは、どのウェブサイトでも見かけることができる、トップページ上部にある「Home(ホーム)」ボタン「navigation(ナビゲーション)」ボタンなんかもリンクでできています。

 

HTMLのタグでは

<a href="サイトのURL"></a>

と記載することで、リンクを作成することができます。

 

HTMLをご存知ない方はこちらをご覧ください

 

スポンサーリンク

リンクの種類(内部リンク・外部リンク・被リンク)

 

リンク link

 

リンクの種類には大きく分けて

  • 内部リンク
  • 外部リンク
  • 被リンク

の3つがあります。

 

内部リンクとは

 

内部リンクとは、その名の通り自分のサイト内(内部)のリンクのことを指します。

 

例えば、自サイトのトップページのナビゲーションバーにお問い合わせというボタンがあったとします。

 

このお問い合わせボタンを押すと、お問い合わせ先のページへ飛ぶことができますよね?

 

この自サイト内でページを移動するためのリンクを内部リンクと言います。

 

外部リンクとは

 

外部リンクとは、自分のサイトから外部のサイトへのリンクを指します。

 

例えば、自分のブログサイトがあったとします。

そのブログ内で他のウェブサイトを紹介する記事があり、その記事の最後には紹介したサイトのリンクが貼ってあります。

このリンクこそが外部リンクです。

 


Googleの検索ページに飛ぶことができる外部リンクgoogle検索

 

被リンクとは

 

被リンクとは、外部のサイトから自サイトに向けて貼ってもらうリンクのことを指します。

 

memo
外部対策が主にこの被リンクに対する対策のことを指します。

 

SEO対策において、この被リンクをいかにして多く獲得するかが重要な要素と言われています。

被リンクを貼ってもらうということは、Googleに信頼性のあるサイトと見なされ、それだけ価値のあるサイトだという評価をされやすくなります。

特に、すでに検索上位にいるサイトや運用歴の長いサイトにて自サイトのリンクを貼ってもらうことで、すでにGoogleより信用され認められているウェブサイトからの招待状をもらうようなものなので、SEO効果が期待できます。

 

 しかし、このような被リンクを貼ってもらうには、リンクを貼ってもらえるだけの良質なコンテンツ作りをすることが不可欠になってきます。

 

リンクは何故重要だと言われているのか

 

なぜ?

 

リンクSEOにとって非常に重要な要素の一つです。

この理由は2つあります。

 

理由①
一つ目の理由としては、検索エンジン(クローラー)はインターネット上にあるwebサイトの「リンク」を辿ってwebサイトを巡回しているからです。

 

逆に言えば、リンクがあることでウェブサイトやウェブページの巡回(クロール)を可能にしています。

 

理由②
そして2つ目の理由としては、被リンクを多く集めているwebサイトは、「人気があり、価値が高い」と見なされ、Googleより高い評価を得ることができるからです。

 

ひと昔前までは、いかにしてこの被リンクを増やすことが外部対策の主流でしたが、あまりに多くのwebサイトで実施されるようになり、コンテンツの質が悪くても検索の上位に表示されることが可能だったため、現在、Googleは被リンクの数よりコンテンツの質を重視するようになりました。

 

しかし、だからと言って、現在でも全く効果がないわけではないです。

 

チェック!SEOにおいて基本的にはコンテンツの質が最も重要な要素ですが、被リンクを貼ってもらうことで、昔ほどではありませんが現在でもSEO効果はあると言えます。

 

被リンクを狙ったネガティブSEO(逆SEO)

 

ネガティブ

 

ここまで被リンクを多く貼ってもらうことはSEO対策にとっては重要な要素だとお話ししてきましたが、実はその被リンクを逆手にとってマイナス効果を生むこともできるのです。

 

その中でも有名なのがネガティブSEO、別名逆SEOです。

 

ネガティブSEOとはライバルサイトや検索上位に位置するサイトに、低品質なリンクを意図的に多く貼り付けることで、検索エンジンのアルゴリズムがそのサイトを「スパム」と判断し、ペナルティを課すように働かせることを言います。

ペナルティを課されたサイトは検索順位を落とすことになるだけではなく、検索結果自体から消されてしまうこともあります。

 

チェック!このようにただリンクを増やせばいいだけではなく、自サイトにとって必要なリンクかどうかを見極めたり、悪質なリンクを貼られていないか等を入念に調べることもSEO対策では重要になってきます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

リンクについて多少なりとも理解いただいたのではないでしょうか。

 

内部リンクはクローラーが自サイトを巡回しやすくなるよう、コンテンツの内容に沿いながら、適度に貼ってあげることが重要です。

外部リンクも貼ってあげることで、記事をよりわかりやすいものにし、結果的にコンテンツの質の向上を期待できます。

被リンクは多いことに越したことはありませんが、そのリンクが悪質なものでないか、著しく低品質なものでないかなど、細かく調べる必要があります。

 

これらそれぞれのリンクに対して適切な対策をとることで、必ずSEO対策に効果をもたらしてくれるはずです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう