おすすめ記事
DJ Kygo(カイゴ)の間違いない曲10選
スポンサーリンク

あらすじ

今回は筆者も大好きなDJ Kygo(カイゴ)の代表曲を10曲選んでみました。
 
海外でかなり有名なDJですが、日本で知っている人は割と少ないのではないでしょうか。

このKygo(カイゴ)ですが、世界でも最も大規模なEDMのイベント、Ultra Music Festival (ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)でもメインを張るくらいのDJです。

 

そんなKygo(カイゴ)の人気曲を是非お聞きになってみてください!

 

スポンサーリンク

Remind Me To Forget(リマインド・ミー・トゥー・フォーゲット)

 

アメリカのR&BシンガーであるMiguel(ミゲル)とのコラボ曲、Remind Me To Forget(リマインド・ミー・トゥー・フォーゲット)

 

日本語に直訳すると忘れることを思い出させて、とちょっと不思議なタイトルですが、曲はとてもいいのでぜひチェックしてください。

 

チェック!こちらは割と最近出された曲で、ビルボード・ランキングダンス・クラブ・ソングス・チャートで1位を獲得しました。

 

 

スポンサーリンク

First Time(ファースト・タイム)

 

この曲はEllie Goulding(エリー・ゴールディング)との共同作です。

 

memo
Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)といえばイギリス出身の歌手で、彼女の代表曲に世界中で大ヒットした映画「Fifty Shades of Grey(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)」のサウンドトラック曲、「Love Me Like You Do(ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥー)」があります。

 

そんな彼女との一曲はまさに傑作と言えるでしょう。

 

 

Stargazing(スターゲイジング)

 

Justin Jesso(ジャスティン・ジェッソ)との一曲、Stargazing(スターゲイジング)はYou Tubeで1億回再生以上を記録している、Kygo(カイゴ)の中でもかなり人気のある曲です。

その名の通り、PVは星に関する内容で、感動する内容になっています。

 

 

Stay(ステイ)

 

こちらの曲は2015年に発売された曲で、今でもライブやイベントでは欠かせない1曲になっています。

 

一度聞いたら癖になるような曲であり、南国の情景を思い浮かばせるような曲調です。

 

 

It Ain't Me(イット・エイント・ミー)

 

言わずと知れたインスタ女王、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)とのコラボ曲。

こちらもYou Tubeで1.5億再生回数を記録したヒット曲です。

 

ビルボード・ランキングでは最高位10位を記録し、Hot Dance/Electronic Songs(ホット・ダンス/エレクトロニック・ソングス)チャートでは2位を記録しました。

 

 

Firestone(ファイヤー・ストーン)

 

オーストラリア出身のシンガーConrad Sewell(コンラッド・シューエル)を客演に迎えた一曲、Firestone(ファイヤー・ストーン)

 

Kygo(カイゴ)といったらまずこの曲です。

Kygo(カイゴ)最大のヒット曲でしょう。

 

チェック!You Tube再生回数は6億回を超えており、ライブでは必ずクライマックスでかかる一曲です。

 

 

Carry On(キャリー・オン)

 

この曲はKygo(カイゴ)の最新曲でもあり、映画「名探偵ピカチュウ」のサウンドトラックにもなっている曲です。

 

客演は、今や世界的に有名なイギリス出身の女性アーティストRita Ora(リタ・オラ)です。

memo
Kygo(カイゴ)Rita Ora(リタ・オラ)本人たちもポケモンが大好きだそうで、PVには映画のシーンが使われています。

 

 

実写映画の「ポケモン」に関する記事はこちら

 

Born To Be Yours(ボーン・トゥ・ビー・ヨーズ)

 

こちらも、You Tubeでの再生回数は1億回を超え、Kygo(カイゴ)の人気曲になりました。

 

アメリカの人気バンド、Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)とコラボした曲で、DJとバンドといった異色のを実現させた一曲でもあります。

 

 

Think About You(シンク・アバウト・ユー)

 

memo
2019年の2月14日に発表された曲で、バレンタインデーを意識して発売したそうです。

 

個人的にはかなりオススメの一曲で、リズミカルな曲調が気分を明るくしてくれます。

 

客演はロンドンを拠点に活動している女性アーティスト、Valerie Broussard(バレリー・ブルサード)です。

 

 

Carry Me(キャリー・ミー)

 

雑談筆者はこの曲でKygoを好きになりました。

 

アメリカの歌手、Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)とのコラボ曲で、2016年のオリンピックの閉会式に歌われた曲でもあります。

 

まさにTropical EDMの代表曲と言える曲でしょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

Kygoのことを知らなかった人は、多少なりとも知ることができたのではないでしょうか。

 

この他にも、Ed Sheeran(エド・シーラン)I See Fire(アイ・シー・ファイア)のリミックスバージョンや、One Republic(ワン・リパブリック)とのコラボ曲など、まだまだいい曲がありますので、是非ともこれを機に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事