おすすめ記事
コンテンツ
スポンサーリンク

あらすじ

現在のSEO対策ではコンテンツの質が検索順位を決めているといっても過言ではないくらい重要な要素です。
 
今回はそんな質の高いコンテンツとはどのようなものなのかや、どのようにすれば質の高いコンテンツを作成することができるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

 

具体的には

  • 質の高いコンテンツとは
  • 読者を第一に考えたコンテンツ
  • 読者の疑問や悩みを解決できるコンテンツ
  • オリジナリティ性があるコンテンツ
  • EATとは
  • 適切な文章構成

といった項目で解説していきます。

 

スポンサーリンク

質の高いコンテンツとは

 

コンテンツ

 

質の高いコンテンツとは、

 

  • 読者を第一に考えている
  • 読者の悩みを解決することができる
  • オリジナリティ性がある
  • EATを満たしている

といった項目に当てはまるものを言います。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

読者を第一に考えたコンテンツ

 

読者

 

まずは記事を書く際に読者を第一に考えることが重要です。

 

ブログを例にとると、初心者でよくありがちなのが自分の日記のようなコンテンツを書いてしまうことです。

決してこれが悪いわけではなく、ただ単純に日々の生活のブログを書きたい人にとっては問題ありません。

 

しかし、「ブログやアフィリエイトで稼ぎたい」といった方は、芸能人でない限りそのような書き方をしていては全くといっていいほどアクセス数は上がらないでしょう。

 

想像して見てください、みなさんも何か疑問に思ったことや調べ物があるときにはインターネットなどで検索をすると思います。

その際に自分が検索してクリックしたブログの内容がそのブログ所有者の日記だったとしたらどう思いますか?

 

「今日私は遊園地に行きました」
「いい天気でした」

 

といった内容で自分の悩みや疑問は解決しますでしょうか?

 

当然解決しないはずです。

 

自分本意のページではなく読者第一に考えてコンテンツを作成することが重要になってきます

 

読者の疑問や悩みを解決できるコンテンツ

 

悩み 疑問

 

では実際にはどのようなコンテンツを書けばいいのでしょうか。

 

その答えは簡単で、読者が満足してくれるような内容を書けばいいだけです。

 

読者がページを訪問し、コンテンツを読むことで悩みを解決し満足してページを離れていくことができれば、それだけで質の高いコンテンツと言えるでしょう。

 

オリジナリティ性があるコンテンツ

 

コンテンツ

 

当然、他のwebサイトやブログにある記事内容と同じような内容を書いていては、質の高いコンテンツとは言えません。

むしろ盗作したと疑われGoogleからペナルティを受けることすらあるかもしれません。

 

そこでどういったコンテンツを書くことが大事になってくるかというと、内容にoriginality(オリジナリティ性)もしくは独自性があることです。

 

例えば自分しか経験したことがないことや、頑張って勉強した経験などは、他人が真似することは難しく、オリジナリティ性のある内容と言えるでしょう。

 

EATとは

 

eat

 

EATとは

  • Expertise(専門性)
  • Authoritative(権威性)
  • Trustworthiness(信用性)

といった単語のそれぞれの頭文字をとったものです。

 

このEATとはGoogleが作った造語で、Googleコンテンツの質を図る上での判断基準としている指標のようなものです。

この判断基準に大きく当てはまることで、Googleからは質の高いコンテンツと認められることができます。

 

Expertise(専門性)

 

Expertise(エキスパタイズ)とは日本語では専門性といった意味を持っています。

 

記事の内容が、特定の領域で深い知識を発揮するものであれば、Googleから専門性が高いと評価してもらえます。

 

Authoritative(権威性)

 

Authoritative(オーソリテイティヴ)とは日本語では権威性といった意味で、辞書で権威性と調べると

自分よりも地位や権力が高い人、また専門知識を有している人の発言や行動を無意識のうちに従ってしまう人間の性質のこと。

といった意味があります。

 

ブログ記事やサイトで例えると、記事内でより詳しい内容を伝えるために、wikipediaなどの他サイトへのリンクを貼ったとすると、これはwikipedia権威性を借りていることになります。

 

さらに細かく言えば、自分のサイトが上記wikipediaのようにリンクを貼ってもらえるようになれば、それは権威性が高いサイトであると言えるでしょう。

 

Trustworthiness(信頼性)

 

Trustworthiness(トラストワーシネス)とは「信頼性」を意味する言葉です。

 

例えば、よくあるのが「公式サイト」「オフィシャルサイト」といったサイトの前に「公式」「オフィシャル」といった文字が付いているものは信頼性が高いとサイトであると言えるでしょう。

 

適切な文章構成

 

文章構成

 

適切な文章を書くには以下のことに気をつけてコンテンツを作成する必要があります。

  • 適切な文法で書いているか
  • 文字数が少なすぎないか
  • 誤字脱字がないか

これらのことを守ることで最低限のマイナスポイントは減らすことができます。

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

適切な文法

 

適切な文法でコンテンツを書くことは基本的なことで、文法がめちゃくちゃな文章では読者に内容が伝わりづらくなってしまいます。

 

主語と述語を正しく使いこなし、必要なところでは形容詞や副詞を適切な位置で使う必要があります。

 

文字数が少なすぎない

 

文字数がSEOに反映するかといったら、答えは「NO」です。

 

しかし、Googleは上記の項目で述べたようにEATを満たすようなコンテンツを求めていますので、自然と質の高いコンテンツとは文字数が多くなってくるものです。

 

一般的な目安として、最低でも800文字以上なければ内容は薄くなってしまい、Googleの求めるコンテンツの条件に当てはまることは難しくなってしまうと考えられます。

 

内容の濃いコンテンツの量は大体2000文字くらいにはなってくるはずですので、その辺りを目指せば最低限の内容は書けるはずです。

 

誤字脱字がないか

 

こちらも大事で、多少の誤字脱字があったからといって、大きく検索順位が下がるということはありませんが、あまりに誤字脱字が多いと読者にストレスを与えてしまい、離脱してしまう可能性は否定できません。

 

なるべく書き終わった記事は誤字脱字がないか見直す必要があります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

自分本意のコンテンツを書くのではなく、読書を第一に考えてコンテンツ作成を行うことが重要になってきます。

最終的には読者の悩みや疑問を解消してもらうことで、そのコンテンツが活きてくるわけです。

 

ユーザーファースト質の高いコンテンツを作成することが結果的にSEOにもプラスに働くようになるのです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事