wow オノマトペ

あらすじ

前に動物編をやりましたが、今回は人間編をやりたいと思います。
 
主に人が出す声や音を中心に紹介していきたいと思います。

 

大きく5つ

  • オノマトペー笑い声編ー
  • オノマトペー話し声編ー
  • オノマトペー驚き・悲鳴・泣き声編ー
  • オノマトペー食べる・飲む音編ー
  • オノマトペーその他編ー

の擬音に分けて紹介していきます。

 

オノマトペー笑い声(laughter)編ー

 

 

日本語 英語 説明
アハハ ha-ha 笑い声
ヒッヒッヒ hee-hee, tee-hee 笑い声
ホッホッホ ho-ho 笑い声
ケタケタ giggle, cackle 笑い声
ゲラゲラ guffaw 大声で笑う声
クスクス snicker 小声で笑う声
ニヤニヤ grin 笑い顔の擬音

 

笑い声にも色々種類があり、擬音によって意味が変わってきます。

 

日本語の場合は擬音を変えるだけですが、英語ではそれぞれ単語になっているのでなかなか覚えづらいです。(汗)

 

オノマトペー話し声(voice)編ー

 

 

日本語 英語 説明
ペチャクチャ chatter, jabber しゃべり声
ペラペラ bla bla 話し声
モゴモゴ mumble 小声で話す声
ボソボソ murmur 小声でささやく声
ブツブツ mutter つぶやき声
ブウブウ grunt, moan 文句を言っていることを表す擬音
ガミガミ nag 小言を言うことを表す擬音
バブバブ babble 赤ちゃんのしゃべり声
オギャー mewl 赤ちゃんのしゃべり声

 

こちらも笑い声(laughter)同様に表現の仕方が色々あり、よく使われる単語としては、「chatter」「bla bla」が挙げられます。

 

memo
「chatter」はよく映画の字幕に出てきます。

「bla bla」はどちらかといえば、少し相手をバカにしたような表現なので、使う際は注意が必要です。

 

オノマトペー驚き・悲鳴・泣き声(surprising・screaming・crying)編ー

 

 

日本語 英語 説明
キャッ shriek 驚く・叫ぶ声
ウワーッ wow 驚く・叫ぶ声
キャーッ eek 叫ぶ声
ウワーン bawl 泣き声
エーン boohoo 泣き声
ブー・ワッ boo おどかし・やじる声
ブルブルッ brrr 寒さや恐怖を表す擬音

 

「wow」は日本人にもよく知られた擬音ではないでしょうか。

驚きを表したり、感動を表したりする時によく使われます。

 

「boo」なんかは、同じ単語でも発音や表現の仕方で意味が変わっていきます。

 

チェック!「ブー」と伸ばして発音するとブーイングを表しますが、「ブウッ」と相手を脅かすように使うことで、脅かしの擬音になります

 

オノマトペー食べる・飲む音(eating・drinking)編ー

 

 

日本語 英語 説明
バリバリ crunch 食べる音
ムシャムシャ munch 食べる音
バリバリ・カリカリ crisp 食べる音
ガツガツ gobble 急いで食べる音
ゴクゴク glug 飲む音

 

食べる音にも種類があり、日本語では「ムシャムシャ」「ガツガツ」などがよく使われますが、英語では「crunch」「munch」がよく使われます。

 

オノマトペーその他(other)編ー

 

 

日本語 英語 説明
フラフラ dizzy めまいを表す擬音
ゲーゲー gag 吐こうとする音
チッ・チッチッ tut-tut 不満を表す音
ガラガラ gurgle 喉を鳴らす音
ウーン ungh うめき声
ハクション ahchoo くしゃみの音
グーグー zzz 寝る音
ドシンドシン clump, trump 重い足音
パチパチ・パン・ピシャリ clap 拍手・平手打ちの音
ピシャリ slap 平手打ちの音

 

その他の擬音として、めまいを表す「dizzy」や舌打ちや不満を表す「tut-tut」、平手打ちの音を表す「slap」などは日常でもよく使われます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

日本語は世界でも擬音が多い国で有名です。

 

今まで紹介した単語のように英語は擬音を単語として表現するものもあれば、寝ている音を表現する「zzz」や寒さなどを表現するような「brrr」のような文字の組み合わせで表現する場合の2通りがあります。

 

割と擬音表現に関しては、日本語の方がわかりやすく覚えやすい気がします。(^^;)

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事