おすすめ記事
無料で使えるおすすめの英語辞書サイト
スポンサーリンク

あらすじ

みなさんはわからない英単語と遭遇したときはどのようにその単語を調べますか。

インターネットが普及した現在では紙の辞書を見る機会はほとんどなくなりました。

今もなお電子辞書の使い勝手はいいです。
 
しかし、

  • 荷物になることもなく
  • インターネットに繋げる環境にさえいれば利用でき
  • 基本無料

といった特徴をもつ、「英語辞書サイト」が今ではエコで一番使い勝手がいいのではないでしょうか。

 

そんな英語辞書サイトでも特におすすめな5つのサイトをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

アルク 英辞郎 on the WEB

 

アルク

 

まずは、株式会社アルクが提供しているサイト、英辞郎 on the WEB

 

このホームページでは辞書以外のサービスも提供していて、

  • TOEIC
  • ビジネス英語
  • 子どもの英語

など、目的別でサービスが利用できます。

 

無料会員登録もでき、会員の方は通信教育や定期購読などのサービスが利用できるようです。

当然辞書としての機能も優れていて、品詞別や分野別で単語検索が出来ます。

 

memo
また、アルクが出している「SVL12000」の単語帳「究極の英単語」シリーズでは、vol.1からvol.4までの計4冊にレベル分けされており、英辞郎 on the WEBではその中の1000語ごとにレベル別検索をかけることができます。

 

詳細:英辞郎 on the WEB

 

究極の英単語に関しての記事はこちら

 

スポンサーリンク

Weblio(ウェブリオ)

 

Weblio

 

こちらのサイトも英辞郎 on the WEBと同様に、辞書以外のサービスも充実しています。

 

Weblioの魅力は辞書ももちろんそうですが、無料で診断テストを受けることができます

 

診断テストとは語彙力を診断する簡易テストで、

  • 問題数:25問
  • 時間:約2分30秒

で自分の語彙力がどの程度なのかを診断してくれる機能で、Weblioにしかないサービスです。

 

memo
無料会員登録をすれば診断テストで間違えた単語や苦手な単語をマイ単語帳として登録することができます。

 

Weblioにしかないもう一つの特徴として、辞書の検索結果に単語それぞれに学習レベルを記載してくれています。

どういうことかというと、application(適用、応用)という単語を例にとって解説します。

 

下記画像を見ていただければわかるように、この単語レベルは2で、英検だと準2級以上、学校だと高校1年以上、TOEICだと350点以上だといったことが記載されています。

Weblio

 

これは他のサイトでは見ることができないWeblioならではのサービスです。

 

詳細:Weblio

 

Google(グーグル)翻訳

 

Google翻訳

 

このサイトは上記2つのサイトとは違って、至ってシンプルに使えます。

 

主に翻訳のみの機能で、ややこしいものはいらないからとりあえず翻訳だけ使いたいという方にはおすすめです。

 

 単語だけではなく文章も翻訳してくれるので、非常に使い勝手はいいです。

しかし文章全体を翻訳してほしい場合、文法が正しくなかったりするので、正式な文書とかにGoogle翻訳で翻訳された文を記載する際は、自然な文に直してあげる必要があります。 

 

memo
音声を拾って翻訳することもできるので、翻訳機としての機能も備えています。

 

詳細:Google翻訳

 

Cambridge Dictionary(ケンブリッジ・ディクショナリー)

 

Cambridge Dictionary(ケンブリッジ・ディクショナリー)

 

こちらの辞書サイトはイギリスのケンブリッジ大学が提供しているサイトです。

 

主に英英辞書として使われていますが、日英英日にも対応しています。

 

また、日本語だけでなく

英語スペイン語

ドイツ語英語
など、多言語に対応しているので世界中で愛用されているサイトです。

 

雑談英語学習上級者の方ならおそらく英英辞書でも問題なく使えると思いますし、そのほうが英単語を英語で覚えることが出来き、相乗効果が生まれることで勉強効率が間違いなくアップするはずです。

 

詳細:Cambridge Dictionary

 

Dictionary.com(ディクショナリー・ドット・コム)/Thesaurus.com(シソーラス・ドット・コム)

 

Dictionary.com/Thesaurus.com

 

こちらも海外のサイトで、Dictionary.com(ディクショナリー・ドット・コム)単語の意味を教えてくれるサイトThesaurus.com(シソーラス・ドット・コム)は調べた単語の

  • 同義語
  • 類義語
  • 対義語

などを教えてくれるサイトです。

 

たとえば、eat(食べる)Thesaurus.com(シソーラス・ドット・コム)で検索すると、類義語であるbite(噛む)swallow(飲み込む)devour(むさぼる)などの単語が表示されます。

 

memo
このサイトの一つの特徴として、単語の語源を詳しく記載してくれているので細かいところまで知ることが出来ます。

 

 ただ注意点としては、日英英日がないので、こちらも上級者の方におすすめのサイトです。

 

詳細:Dictionary.com/Thesaurus.com

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どのサイトもそれぞれの特徴を持っていて、使い勝手がいいものばかりです。

それぞれのサイトの特徴に合わせて利用することで、勉強効率だったり、作業効率が上がると思うので、状況に応じて使うサイトを分けてみましょう。

そしてなんといっても無料ということなので、制限なく使えます。

ぜひともこれらのサイトを使って英語学習等に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事