おすすめ記事
Hostel World(ホステル・ワールド)
スポンサーリンク

あらすじ

みなさんは海外旅行や国内旅行はどのように宿やホテルを予約していますか?

ほとんどの方がネットで事前予約していると思います。
 
そんなとき、格安で、しかも外国の方と仲良くなれるチャンスがある宿をご存知でしょうか?

 

チェック!このHostel World(ホステル・ワールド)というアプリを使うと自分の目的の旅行先の格安宿を探して簡単に予約することができます。

 

今回はそんなHostel World(ホステル・ワールド)がどのようなものかを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ホステルとは?

 

ホステル

 

ホステルを直訳すると簡易宿泊所となっています。

 

memo
まさに辞書の通りでホテルよりはグレードが下がり、一部屋に何人も宿泊が出来るような簡易宿のことをホステルと言います。

 

部屋の構造としては二段ベットがたくさんあり、そこでいろんな人が寝るといったスタイルです。

 

主にどんな人がいるかというと、

  • バックパッカー
  • 旅行者
  • ビジネスマン

などが多いです。

 

チェック!そしてホステルの一番の特徴が料金が格安だというところです。

スポンサーリンク

どんなアプリ?

 

アプリ

 

  • ホステル
  • ホテル
  • 朝食付き宿(B&B)

の3つから自分の希望の宿泊施設を予約することができます。

 

東京のホステルをいくつか例に出すと

①UNO 上野

無料サービス:wi-fi、布団とシーツ貸し出し
料金:2段ベッドタイプで一泊平均約2300円

 

②プレイシスイースト東京

無料サービス:wi-fi、電子レンジ、ガイドブック、翻訳機、布団とシーツ貸し出し
有料:フェイスタオル/100円
   バスタオル/200円
   歯ブラシ/100円
   カミソリ/100円
インスタント・コーヒー/50円
料金:2段ベッドタイプで一泊平均約2600円(女性専用部屋もあり)

 

③カオサンワールド両国ホステル

無料サービス:wi-fi、足湯、コーヒー
有料:洗濯機1回200円、乾燥機20分10円
料金:男女共用ドミトリー一泊平均約2200円

 

など、無料サービスは充実しており、宿泊代は格安となっています。

 

これらホステルに事前予約をすることで、このような格安の金額で宿泊をすることができます。

このアプリでも事前に予約がとれますし、Hostel World(ホステル・ワールド)のホームページからでも予約が可能です。

 

詳細:HOSTELWORLD

 

どこの国で使える?

 

国

 

チェック!全世界の170ヶ国のホステルと提携しており、ホステル数は合計約36,000件あるそうです

 

ホテルやB&Bも取り扱っていますが、ホステルを例にだすと、

 

ホステル数
主要国イングランド、イタリア、フランス、ドイツ、ポルトガル、スペイン、ロシア、オランダを含めたヨーロッパ諸国 51ヶ国

主要国日本、韓国、中国、フィリピン、タイを含めたアジア 33ヶ国

主要国アメリカ、メキシコ、カナダ、ジャマイカ、キューバを含めた北アメリカ 16ヶ国

主要国ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、ペルーを含めた南アメリカ 14ヶ国

主要国オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、サモアを含めたオセアニア 8ヶ国

主要国ガーナ、マダガスカル、ナイジェリア、南アフリカ、セネガル、エジプトを含めたアフリカ 20ヶ国

 

といった風に、これだけの国にこのアプリ一つで宿泊が出来ちゃう訳です。

しかも格安の値段で。

 

日本語にも対応しているから安心

 

言語

 

アプリ内での言語数は19ヶ国語あります。

 

以下がその対応している言語です。

 

対応言語
チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、韓国語、イタリア語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、日本語、スウェーデン語、フィンランド語、トルコ語、中国語

 

日本語にも対応しているので、日本人の方でも安心して利用出来ます。

 

まとめ

 

体験談
筆者もフランスに旅行に行った際、ロンドンに2回行った際にもこのアプリHostel World(ホステル・ワールド)を使って宿を予約しました。
シャワーもwi-fiも無料で利用でき、料金も格安でしたので、マイナスポイントが見当たらないくらいです。

 

宿泊代は格安で済ませたい方や外国人の宿泊客と仲良くなりたい方はぜひこのHostel World(ホステル・ワールド)を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事