おすすめ記事
千と千尋の神隠しのモデル地にもなった銀山温泉
スポンサーリンク

あらすじ

山形県にある老舗温泉「銀山温泉」に行った時のことをもとに、銀山温泉のことについてご紹介していきたいと思います。

 

銀山温泉のロケーション

 

詳細:銀山温泉ホームページ

 

スポンサーリンク

銀山温泉とは

 

銀山温泉

 

銀山温泉とは、山形県の尾花沢市にある温泉街のことで、「千と千尋の神隠し」のモデルになったのではないかと言われている場所であり、NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台になったことでも有名です。

大正時代から昭和にかけて作られた木造多層建築の旅館が並んでおり、温泉街の中心には小さな小川が流れています。

温泉街の街灯にはガス灯が使用されており、レトロな雰囲気を味わせてくれます。

 

memo
ガス灯とは、ガス燃料による照明のことで、現在では電灯が主流ですが一昔前まではこのガス灯が主流として使われていました。

 

また、銀山温泉では四季によって様々な景色が見ることができ、

  • 春には桜
  • 夏には緑
  • 秋には紅葉
  • 冬には雪

といった季節の風物詩をそのまま見ることができます。

 

スポンサーリンク

銀山温泉の歴史

 

銀山温泉

 

名前の由来

 

江戸時代に反映した延沢銀山という鉱山から名前をとって、銀山温泉という名前になったそうです。

 

時代背景

 

足利幕府時代 康生年間(1455年〜1457年)
この時代に延沢銀山は銀山採掘の鉱山として開かれました。

 

江戸時代(1603年〜1868年)
寛永期では人口は最大30万人までに栄えるようになりました。

しかし、正保元年にはこの地での銀採掘が廃れていくようになっていき、それに変わるように、この延沢銀山の鉱夫が銀山川で温泉が沸いていることを発見してからというものの温泉湯治が栄えるようになっていきました。

 

大正時代(1912年〜1926年)
その後も温泉湯治として栄えましたが、大正2年に起きた大洪水によって温泉街は一度流されてしまいます。

しかし、その後は地元財界の力で復興し、現在の銀山温泉である姿を取り戻しました。

 

昭和時代(1926年〜1989年)
昭和初期には大幅な建築の変更もあり、建築構造も当初は洋風だったものが次第に和風となり、今の銀山温泉の姿へと遂げていきました。

 

映画やテレビでのモデル地

この銀山温泉では、映画やテレビでモデル地として使われたり、ロケ地として使われていたことでも有名です。

 

中でも

  • 千と千尋の神隠し
  • おしん

は特に有名です。

 

千と千尋の神隠し

 

千と千尋の神隠し

 

宮崎駿監督の人気の映画「千と千尋の神隠し」

ジブリファンで、知らない人はいないでしょう。

そんな「千と千尋の神隠し」にも、描く上でいくつかモデルになった場所があると言われています。

 

例えば、

  • 台湾の九份(きゅうふん)
  • 愛媛県の道後温泉
  • 長野県の渋温泉
  • 群馬県の四万温泉

なんかもそうです。

 

その中に、この銀山温泉もモデルとなったのではと言われています。

 

おしん

 

おしん

 

「おしん」とは1983年から翌年の1984年までの1年間、NHKで放送されていた連続テレビ小説です。

 

memo
平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%といった日本のテレビドラマ史上最も高い視聴率を記録したドラマです。

 

チェック!この「おしん」の舞台となったのが、銀山温泉です。

 

「おしん」のヒットにより、銀山温泉は全国的にその名が知られるようになりました。

 

詳細:NHKの「おしん」紹介ページ

 

宿や温泉

 

足湯

 

様々な旅館がありますが、中でも能登屋旅館はかなりの需要があり、国の文化財にもなっています。

 

memo
この能登屋旅館が映画「千と千尋の神隠し」の中に出てくる旅館のモデルになったのではと言われています。

 

体験談
宿で一番の人気は「能登屋旅館」で、筆者が予約を取ろうとした際は、予約がいっぱいでした。しかしこの「能登屋旅館」以外の宿にもいいところがいっぱいあるので、正直どこの宿でも楽しめるでしょう。

温泉ももちろん良かったですが、無料で入れる足湯もあり、芯まで温まることができます。

 

宿情報:
能登屋旅館ホームページ
銀山荘ホームページ
古山閣ホームページ

 

まとめ

銀山温泉

 

雑談行くまで運転が8,9時間だったので、銀山温泉についた頃にはクタクタになっていましたが、温泉に入ってから温泉街を散歩し、景色を楽しんでいたらいつの間にか疲れが吹っ飛んでいました。

 

「千と千尋の神隠し」「おしん」を知らない人でも、十分楽しめますし、古くからの情景を肌で感じることができるでしょう。

ぜひこのノスタルジックで歴史のある銀山温泉で日頃の疲れを癒しにいってみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事