おすすめ記事
世界にあるかっこいい通貨ーヨーロッパ編ー
スポンサーリンク

あらすじ

今回は世界にあるかっこいい通貨を紹介していきたいと思います。

シリーズものにするので、今回の記事はヨーロッパの通貨に焦点を当てて書いていこうと思います。

具体的には、それぞれのデザインや種類などを紹介できればと思います!

スポンサーリンク

ユーロ(EU加盟国)

ユーロ

まずはユーロです。

全28ヶ国のEU加盟国が導入しているわけではなく、主にフランスオランダイタリアといった主要国を含む19ヶ国で利用されています

主に硬貨のことはセントと呼びます。

種類
硬貨: 1, 2, 5, 10, 20, 50セント、1, 2ユーロ
紙幣: 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500ユーロ
デザイン
硬貨の表面はすべて同じデザインですが、裏面は各国によってデザインが異なります。紙幣に関してはすべて同じで、それぞれの時代の建築方法が描かれています!
日本円にすると
1ユーロ=122~133円
スポンサーリンク

ポンド(イギリス)

ポンド

別記事イギリスのEU離脱に伴いよく耳にするBrexit(ブレグジット)とは何か?にてEU離脱問題について書きましたが、現状ではEU加盟国であるイギリスではユーロを導入しておらず、自国の通貨であるポンドを使用しています

正式名称は「スターリング・ポンド」で、硬貨のことはペンスもしくはペニーといいます。

1ペニーだけペニーと呼びますが、それ以外はペンスと呼びます。

硬貨の種類数はユーロと同じで8種類です。

種類
硬貨: 1ペニー, 2, 5, 10, 20, 50ペンス、1, 2ポンド
紙幣: 5, 10, 20, 50 ポンド
デザイン
イギリスのポンドは現在でも使われていますが、硬貨を全て並べると、盾の形ができるというおしゃれなデザインがされています!
日本円にすると
1ポンド=135~149円

ペセタ(スペイン)

ペセタ

1999年からユーロが導入されるまで使用されていたスペインの通貨で、カタルーニャ語で「小さい」という意味を表します

硬貨はセンティモもしくはペセタ硬貨と呼ばれます。

種類
硬貨: 1, 5, 10, 25, 50, 100, 200, 500センティモ
紙幣: 1000, 2000, 5000, 10000ペセタ
デザイン
25センティモは日本の50円玉や5円玉のように、真ん中に穴が空いているという世界でもあまりないデザインが施されていました。
日本円にすると
1ペセタ=0.76~0.95円

マルク(ドイツ)

マルク

https://jp.rter.info/exchange/DEM-JPY.html

1948年から1998年まで使用されていた通貨で、今はユーロに変わっています。

硬貨はペニヒという単位で、ドイツだけではなくモンテネグロでも使用されていました。

種類
硬貨: 1, 2, 5, 10, 50ペニヒ、1, 2, 5マルク
紙幣: 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000マルク
デザイン
1000マルクには、あのグリム童話で有名なグリム兄弟のデザインがされています。
日本円にすると
1マルク=58〜95円

フラン(スイス)

フラン

https://ja.wikipedia.org/wiki/スイス・フラン#/media/File:CHF_Banknotes.jpg

フランの語源は、フランス語で自由を意味する「franc」から用いられたもので、ユーロ導入前はフランスでも使用されていました。

現在はスイスの他に、リヒテンシュタイン旧フランス領だったアフリカの国々でも使用されています。

補助通貨(硬貨)はラッペンと呼ばれます。

種類
硬貨: 5, 10, 20, 50ラッペン、1, 2, 5フラン
紙幣: 10, 20, 50, 100, 200, 1000フラン
デザイン
フランのデザインは人をモデルにしたものではなく、科学力や組織力などをテーマとしたものが描かれています。
日本円にすると
1フラン=107~117円

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はヨーロッパの国中心に紹介させていただきました。

今はほとんどの国でユーロが使用されていますが、昔はそれぞれの国の通過を使用しており、デザインも様々だったので、それを見るだけでも非常に面白いですよ!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事