おすすめ記事
ロンドン
スポンサーリンク

あらすじ

言わずと知れた、イギリスの首都ロンドン

観光地として世界的にも人気が高く、毎年多くの人で賑わっています。
 
人気が高い分、たくさんの観光スポットがあってどこに行ったらいいかわからないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて今回はロンドン是非とも訪れておくべき観光スポットを10ヶ所選んでみましたので、ご参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

大英博物館

 

大英博物館

 

イギリスではもちろんのこと、世界でも有数の博物館です。

 

この大英博物館では約800万点もの収蔵品数を誇り、中には

  • モアイ像
  • ロゼッタストーン
  • アンダーソンの猫
  • ヤシュチランの石造浮彫
  • ミイラ

といった歴史的にも重要なものも含まれています。

 

2019年5月23〜同年8月26日の期間中には「The Citi exhibition Manga(漫画展)」が開催され、日本の漫画である

  • あしたのジョー
  • ONE PIECE
  • 進撃の巨人
  • 天才バカボン
  • ワンパンマン

などが展示されています。

 

 

 

大英博物館の営業時間・料金は下記の通り

memo
基本営業時間:10:00〜17:30(金曜日は開館時間延長)

 

入場料
入場料、見学料ともに無料です。

 

詳細:大英博物館ホームページ
地図:大英博物館

 

スポンサーリンク

ロンドン・アイ

 

ロンドンアイ

 

ロンドンアイとはロンドンのテムズ川沿いにある世界最大級の観覧車のことで、高さは135mにも及びます。

 

正式名称は、コカ・コーラがスポンサーを勤めていることからコカ・コーラ ロンドン・アイとなっています。

 

一つのカプセルには最大25人も乗れることから、いかに観覧車が大きいかが想像できます。

現在はラスベガスのハイ・ローラーが世界一大きい観覧車としてギネス記録に乗っていますが、開業時はこのロンドン・アイが世界一でした。

 

memo
基本営業時間(年中無休)
夏季(6月~9月):10:00~21:00
冬季(10月~5月):10:00~20:00

 

搭乗料金
オンライン券: £27 (約3,650円)
当日券: £30 (約4,000円)


※オプションによって金額が変わるので詳しくは下記公式サイトをご覧ください

 

詳細:ロンドン・アイ公式サイト(英語)
地図:ロンドンアイ

 

バッキンガム宮殿

 

バッキンガム宮殿

 

イギリス王室の宮殿であり、衛兵と呼ばれる兵隊の交代式が行われる場所としても有名です。

日本で言うところの皇居でしょうか。

 

宮殿の中には

  • 図書館
  • 美術館
  • 音楽堂

などの施設も設備されています。

 

詳細:バッキンガム宮殿ホームページ(英語)
地図:バッキンガム宮殿

 

トラファルガー広場

 

トラファルガー広場

 

トラファルガー広場ロンドンのウェストミンスターにある広場のことで、1805年でのトラファルガーの海戦での勝利を記念して建設されました。

 

  • 噴水
  • ネルソン記念柱(高さ約46m)
  • 4頭のライオン像
  • ネルソン像

と、トラファルガー広場ならではのものを見ることができ、いずれも観光客で賑わっています。

 

体験談
このトラファルガー広場では毎日何かしらのイベントが行われており、筆者が訪れた時は、BMXパフォーマンスやパントマイムといったものを見ることができました。

 

地図:トラファルガー広場

 

タワー・ブリッジ

 

タワーブリッジ

 

ロンドンのテムズ川に掛かる跳ね橋、タワー・ブリッジ

大きな船が通る際には、真ん中の架け橋部分が大きく開くようになっています。

 

体験談
ロンドンに行くまで、この橋が民謡で有名なロンドン・ブリッジと勘違いしていましたが、こちらはタワー・ブリッジで、隣接している一般的な橋がロンドン・ブリッジとなっています。

 

このタワー・ブリッジは中に入って見学することが可能となっています。

memo
基本入場時間
4月~9月:10:00〜18:30(最終入場時間 17:30)
10月~3月:9:30〜18:00(最終入場時間 17:00)

 

基本料金
大人:£9.80 (約1,320円)
子供(5歳〜15歳):£4.20 (約570円)

 

詳細:タワー・ブリッジ公式サイト
地図:タワー・ブリッジ

 

ロンドン塔

 

ロンドン塔

 

上記ですでに記載したタワー・ブリッジのすぐ隣に位置するのがこのロンドン塔です。

 

このロンドン塔とは、

  • クイーンズ・ハウス
  • ホワイト・タワー
  • ソルト・タワー
  • ブラッディー・タワー

といった塔や建物によって形成される要塞のことです。

 

また、このロンドン塔は監獄だったことでも有名で、多くの人物がここで処刑された歴史があります。

 

体験談
イギリスの歴史が集約された場所と言えるくらい雰囲気のある場所で、展示物の中に日本の侍の防具であった兜が飾ってあったことから、イギリスと日本の間では古くから交流があったことが伺えました。

 

memo
基本営業時間(3月~10月)
火~土曜日:9:00〜17:30
日・月曜日:10:00〜17:30

11月~2月
火~土曜日:9:00〜16:30
日・月曜日:10:00〜16:30

 

料金
大人(18歳〜64歳): £24.70 (約3,340円)
子供(5歳〜15歳): £11.70 (約1,580円)
体の不自由な方/学生/16,17歳: £19.30 (約2,600円)

 

詳細:ロンドン塔紹介ページ(英語)
地図:ロンドン塔

 

キングスクロス駅

 

キングスクロス駅

 

チェック!駅名だけ聞いてもわからない人が大半だと思いますが、ここは映画「ハリーポッター」で有名な9と3/4番線の撮影が行われた駅です。

 

1852年に開業されてからは、このキングスクロス駅は何度も改修工事を重ねています。

2012年のロンドン・オリンピック前にも一度大きく天井が改築されました。

 

ハリー・ポッター人気は高く、この9と3/4番線撮影地の隣には公式グッズショップがあります。

ハリー・ポッター好きな方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

地図:キングスクロス駅

 

ビッグ・ベン

 

ビッグベン

 

ビッグ・ベンとは英国国会議事堂であるウェストミンスター宮殿に付随している時計台内の鐘のことを指します。

 

memo
このウェストミンスター宮殿は1987年に世界遺産登録されています。

 

雑談ビッグ・ベンから毎日流れる鐘の音は、日本の学校で馴染み深いチャイム音の元となっています。

 

ロンドンの象徴といってもいい建造物で、多くの観光客から人気を集めるスポットです。

 しかし、2017年から2021まで行われるメンテナンス工事によって、現在ビッグ・ベンは見ることができなくなっています。

 

詳細:ビッグ・ベン紹介ページ
地図:ビッグ・ベン

 

セントポール大聖堂

 

セントポール大聖堂

 

その名の通り大聖堂で、ロンドン中心部のシティ・オブ・ロンドンに位置しています。

 

主に礼拝堂として利用されているセントポール大聖堂ですが、

  • 観光スポット
  • 結婚式
  • 葬儀

などの目的で利用されることもあります。

 

雑談イギリスの政治家サッチャーの葬儀やチャールズ王太子とダイアナ元妃の結婚式もここセントポール大聖堂で行われました。

 

memo
基本会場時間
月〜土曜日:8:30〜16:30

日曜日  :礼拝者用にのみ開場

 

入場料
大人: £18
子供(6歳〜17歳): £8

 

詳細:セントポール大聖堂公式サイト
地図:セントポール大聖堂

 

エミレーツ・スタジアム

 

エミレーツスタジアム

 

サッカー好きな方なら知っている方が多いのではないでしょうか。

世界最高峰リーグであるプレミアリーグの中でも強豪と言われているチーム、アーセナルホームスタジアムです。

 

このエミレーツ・スタジアムですが、ロンドンの中心部シティ・オブ・ロンドンから北に位置しています。

 

エミレーツ・スタジアムではピッチやロッカールームを見ることができるスタジアム・ツアーに参加できたり、アーセナル・ミュージアムアーセナルの歴史を知ることができたり展示物を見ることができます。

 

サッカー好きももちろん、サッカーに詳しくない方でも楽しめること間違いなしです。

 

詳細:アーセナル公式ホームページ(英語)
地図:エミレーツ・スタジアム

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この他にもまだまだありますが、ここで挙げた10ヶ所は、ロンドンを代表するようなスポットです。

この10ヶ所を見るだけでもロンドンの大部分を知れたと行っても過言ではないでしょう。

 

ぜひ、この魅力ある街ロンドンに足を運んで、イギリスを堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事