おすすめ記事
アジアのスターBTS
スポンサーリンク

あらすじ

今回は筆者が最近ハマってしまった、韓国のアーティストBTSについて書いていこうと思います。

memo
日本名は防弾少年団で、メンバーは全員で7名です。

2019年には、アルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」が全米のビルボードランキングで1位を獲得するという、アジア人初の快挙を成し遂げました。

そんな彼らの特にオススメの10曲を選んでみました!

スポンサーリンク

IDOL(アイドル)

チェック!You TubeでPVが公開されてから、24時間以内に再生された回数が世界1位という記録を残した曲です。

BTSの代表曲の一つでもあります。

チェック!また、別バージョンではあのNicky Ninaj(ニッキー・ミナージュ)もフューチャリングで参加した曲でもあります。

スポンサーリンク

Fake Love(フェイク・ラブ)

ビルボードランキング1位を獲得したアルバム「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」に収録されている曲で、ファンの間ではかなり人気の高い曲です。

DNA(ディー・エヌ・エー)

まさにK-POPといった曲調で、PVもK-POPが全面に出ている曲です。

原曲は韓国語で歌われていますが、こちらの曲は日本語バージョンもあり、日本でも人気の高い曲です。

Mic Drop(マイク・ドロップ)

別記事他国にルーツを持つアメリカの有名ミュージシャン10選!でも書いた、スティーヴ・アオキとのコラボ曲で、全米で初のヒットを記録した曲でもあります。

Waste It On Me(ウエスト・イット・オン・ミー)

チェック!スティーヴ・アオキとの2回目のコラボ曲です。

PVではアメリカの人気コメディアン、ケン・チョンやスティーヴ・アオキの妹、デヴォン・アオキも出演していることで有名です。

Boy With Luv(ボーイ・ウィズ・ラブ)

こちらは最新曲で、今人気急上昇中の歌手Halsey(ホールジー)とコラボした曲になってます。

チェック!Billboard Hot 100(ビルボード・ホット・100)チャートでは8位を記録した曲で、これもかなりの偉業を達成しています。

Not Today(ノット・トゥデイ)

こちらの曲は、とにかくPVがかっこいいです。

やはりBTSの魅力として、歌や曲の他に、ダンスがあると思うのですが、そのダンスのうまさが垣間見れるPVになってます。

Make It Right(メイク・イット・ライト)

チェック!Ed Sheeran(エド・シーラン)が楽曲に参加した曲でもあるMake It Right。

ここまで色々な有名アーティストとコラボしてきているBTSですが、ここでエド・シーランとコラボとは、ついに世界のアーティストに仲間入りしたといってもいいでしょう。

Ed Sheeranおすすめ曲の記事はこちら

Euphoria(ユーフォリア)

個人的にかなり好きな一曲で、バラード調でもありポップ調でもある曲です。

こちらもビルボードランキングで1位を獲得したアルバム「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’」、に収録されています。

Blood Sweat & Tears(ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ)

日本名が「血、汗、涙」で日本語バージョンのPVもある曲です。

曲調はどちらかというとEDM調になっています。

こちらもオススメの一曲です。

まとめ

今までで、アジア人がビルボードチャートにランクインしたことがあるのは何人かいます。

memo
坂本九の「上を向いて歩こう」は1位を獲得しましたし、ピンクレディーは最高位37位、松田聖子は最高位54位を獲得しています。

しかし、ビルボードのアルバムランキングで1位を獲得したのはアジア初です。

チェック!また1年以内に2つのアルバム(「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’」「LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’」)が1位を獲得するのは歴史に残る出来事です。

今やK-POPの枠を超えて、世界のBTSとなった彼らの曲をぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事