おすすめ記事
cisco
スポンサーリンク

あらすじ

今回はネットワーク系には欠かせない資格CCNAを中心に、Cisco(シスコ)とは何か、CCNAの他にはどんな資格があるか、試験内容はどのようなものか、などについてご紹介していきたいと思います。
 
これからCCNACisco(シスコ)のベンダ資格を受けようとしている方の参考に少しでもなればと思います。

 

スポンサーリンク

Cisco(シスコ)とは

 

ネットワーク

 

CCNAの前にまず説明しておきたいのがこのCisco(シスコ)という会社です。

知っている人は知っているかもしれませんが、筆者の場合はこのCCNAを受験するまでは全くといっていいほど知りませんでした。

 

memo
このCisco(シスコ)とは正式にはCisco Systems(シスコ・システムズ)と呼ばれ、本社をアメリカのカリフォルニア州に置きます。

 

何をしている会社かと言いますと、主にネットワーク機器である、

  • ルーター
  • スイッチ
  • ワイヤレスコントローラ

などを開発・販売している会社です。

 

チェック!我々が普段利用しているインターネットはこの会社無くしては利用できないといってもいいくらい、世界のネットワークには欠かせない存在です。

 

スポンサーリンク

Cisco(シスコ)のベンダ資格

 

資格

 

このCisco(シスコ)が提供しているCisco(シスコ)製品に関する資格試験があり、それぞれに認定レベルというものがあります。

 

具体的には、

  • Entry(エントリー)
  • Associate(アソシエート)
  • Professional(プロフェッショナル)
  • Expert(エキスパート)
  • Architect(アーキテクト)

の5つです。

 

また、資格の種類もネットワーク系だけに絞っても

  • CCENT(Cisco Certified Entry Networking)
  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)
  • CCNP(Cisco Certified Professional)
  • CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)

の4種類あります。

 

さらにそこから

  • Routing and Switching (ルーティング&スイッチング)
  • Security (セキュリティ)
  • Service Provider (サービス プロバイダー)
  • Wireless (ワイヤレス)
  • Design (デザイン)
  • Cloud (クラウド)
  • Collaboration (コラボレーション)
  • Data Center (データ センター)
  • Industrial (インダストリアル)

といった9種類に分岐します。

 

今回は筆者が取得することに成功した、CCENTCCNACCNPRouting and Switching (ルーティング&スイッチング)に焦点を置いてご紹介したいと思います。

 

CCENT(Cisco Certified Entry Networking)とは

 

スイッチ

概要

CCENTとは、Routing and Switching (ルーティング&スイッチング)Security (セキュリティ)のエントリーレベルの資格で、まず一番初めに取得を目指したい資格です。

 

費用

21,384円(税込)

 

試験時間

90分

 

試験内容

  • ネットワークの基礎 20%
  • LANスイッチングの基礎 26%
  • ルーティングの基礎 25%
  • インフラストラクチャ サービス 15%
  • インフラストラクチャの運用 14%

 

 

CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは

 

ルーター

概要

CCNAの取得方法には

  • CCNA Compositeを取得する方法
  • ICND1ICND2を取得する方法

の2種類があります。

 

チェック!ICND1 とはCCENTのことです。

 

体験談
筆者の場合はまずICND1(CCENT)を取得し、次にICND2に合格してCCNAを取得することができました。

 

費用

CCNA Composite 42,120円(税込) / ICND1&ICND2 1科目 21,384円(税込)

 

試験時間

90分

 

試験内容

 

CCNA Composite

  • ネットワークの基礎 15%
  • LAN スイッチング テクノロジー 21%
  • ルーティング テクノロジー 23%
  • WAN テクノロジー 10%
  • インフラストラクチャ サービス 10%
  • インフラストラクチャ セキュリティ 11%
  • インフラストラクチャの管理 10%

ICDN2

  • LAN スイッチング テクノロジー 26%
  • ルーティング テクノロジー 29%
  • WAN テクノロジー 16%
  • インフラストラクチャ サービス 14%
  • インフラストラクチャの運用 15%

 

 

CCNP(Cisco Certified Professional)とは

 

network

概要

CCNP認定を取得するには、

  • ROUTE (ルート)
  • SWITCH (スイッチ)
  • TSHOOT (ティー・シュート)

3つの科目全てに合格する必要があります。

 

雑談筆者はこの中のSwitchだけしか取得していません。

 

費用

1科目 36,288円(税込)

 

試験時間

120分

 

試験内容

 

ROUTE

  • ネットワークの基本事項 10%
  • レイヤ2 テクノロジー 10%
  • レイヤ3 テクノロジー 40%
  • VPN テクノロジー 10%
  • インフラストラクチャのセキュリティ 10%
  • インフラストラクチャ サービス 20%

SWITCH

  • レイヤ2 テクノロジー 65%
  • インフラストラクチャのセキュリティ 20%
  • インフラストラクチャ サービス 15%

T-SHOOT

  • ネットワークの基本事項 5%
  • レイヤ2 テクノロジー 40%
  • レイヤ3 テクノロジー 40%
  • VPN テクノロジー 5%
  • インフラストラクチャのセキュリティ 5%
  • インフラストラクチャ サービス 5%

 

 

まとめ

今回は筆者が合格することのできたCCNPまでのご紹介でしたが、この上にはさらにCCIEといって受験料だけでも25万円近くかかったり、受験時間が8時間だったりと常識を覆すような資格があります。

しかし、これを持っていると年収もかなり変わってくるようです。

ぜひネットワークエンジニアとして頂点を極めたい方は目指してもいい資格かもしれません。

 

詳細:Ciscoホームページ

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事