おすすめ記事
stapler ホッチキス 和製英語
スポンサーリンク

あらすじ

当然英語だと思っていた単語が実は和製英語だったという経験をしたことはありませんか?
 
筆者は実は一度だけあります。

 

体験談
イギリスに住んでいた時のホームステイ先で、「Can I use my dryer?/ドライヤーを使って良いですか。」と質問したときに、ぽかんという表情をされました。

なんとかジェスチャーをしたら「Oh, a hair dryer!/ああ、ヘアドライヤーね!」と言われたのを今でも鮮明に覚えています。

 

このような単語はJapan(日本)+English(英語)を掛け合わせた言葉「Japanglish(ジャパングリッシュ)」とも呼ばれています。

 

筆者のように恥をかかないためにも今回は和製英語について5つのパターン

  • 単語をくっつけて新しく生み出した言葉
  • 短縮して使っている言葉
  • 元の単語とは別の意味で使われている言葉
  • 語源が英語ではない言葉
  • その他

に分けてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

単語をくっつけて新しく生み出した言葉

 

シャーペン

 

英単語+英単語で一つの単語として使っているものがあります。

 

以下が代表例です。

 

和製英語 元の単語 正式な英語
フリーター free(英語)+arbeiter(ドイツ語) a part-time jobber
シャープペンシル sharp(英語)+pencil(英語) a mechanical pencil
ガソリンスタンド gasoline(英語)+stand(英語) a gas station
サラリーマン salary(英語)+man(英語) an office worker
コインランドリー coin(英語)+laundry(英語) a coin operated laundry
ガッツポーズ guts(英語)+pose(英語) victory pose
ハイテンション high(英語)+tension(英語) exited
カメラマン camera(英語)+man(英語) a photographer
コインパーキング coin(英語)+parking(英語) a coin-operated parking
マナーモード manner(英語)+mode(英語) silent mode

 

 コインランドリーコインパーキングなんかは頑張れば伝わりそうな気がしますが、正式な言い方は違いますので、気をつけましょう。

正式には「a coin operated laundry(ア・コイン・オペレーテッド・ラウンドリー)」と言います。

 

ハイテンションという単語は日本ではよく使いますが、直訳すると「高い緊張」となり、意味がよく分からない単語となってしまいます。 

正しくは「exited(エキサイテッド)」となります。

 

スポンサーリンク

短縮して使っている言葉

 

ドライヤー

 

もともとある英単語を短縮して利用している単語です。

 

以下が代表例です。

 

和製英語 元の単語 説明
ミス mistake ミステイクの省略形
スーパー supermarket スーパーマーケットの省略形
コンビニ convenience store コンビニエンスの省略形
パソコン personal computer パーソナルの省略形パソとコンピュータの省略形コンを合わせた言葉
ドライヤー hair dryer ヘアードライヤーのヘアを取った省略形
ドンマイ don’t mind ドントの省略形ドンとマインドの省略形マイを合わせた言葉
ボールペン ballpoint pen ボールポイント・ペンのポイントを省略した言葉

 

コンビニという言葉日本では知ってて当たり前の言葉ですが、海外では全く伝わリません。

 

また、「パソコン」という単語の元となったpersonal computer(パーソナル・コンピュータ)ですら海外では使われない言葉で、英語ではlaptop(ラップトップ)もしくは単純にcomputer(コンピュータ)と言います。

 

元の単語とは別の意味で使われている言葉

 

コンセント

 

もともとあった英単語を日本では別の意味として利用している単語です。

 

以下代表例です。

 

和製英語 元の単語 正式な英語
コンセント consent(同意する) an outlet
タレント talent(才能) a TV personality
マンション mansion(豪邸) an apartment
フロント front(正面) a reception
カンニング cunning(ずるい) cheat
クレーム claim(要求する) a complaint
バイキング viking(バイキング/北欧人) a buffet
メリット・デメリット merit(価値)・demerit(落ち度) pros and cons
シール seal(印) a sticker
クーラー cooler(冷却器) an air conditioner

 

コンセントバイキングといった単語は英語では全く異なった意味になります。

 

memo
メリット・デメリットは、英語ではpros & cons(プローズ・アンド・コンズ)で表現されます。

 

語源が英語ではない言葉

 

トースト

 

普段英語のように使っている言葉でも実は語源は英語ではなく、フランス語や中国語などの他言語である単語があります。

 

以下が代表例です。

 

和製英語 語源 正式な英語
アルバイト arbeit(ドイツ語) a part time job
シュークリーム chou à la crème(フランス語) a cream puff
ランドセル lanel(オランダ語) a satchel
アンケート enquete(フランス語) a questionnare
ピエロ pierrot(フランス語) a clown
サンダル sandalion(ギリシャ語) a flip-flop
レンガ 煉瓦(中国語) a brick
バカンス vacances(フランス語) a vacation
パン pão(ポルトガル語) a bread
ノルマ hорма(ロシア語) a quota

 

語源がフランス語のものは多く、代表的なもので

  • シュークリーム
  • アンケート
  • ピエロ
  • バカンス

が挙げられます。

 

またレンガにいたっては語源が中国語とのことで、知らない日本人の方は多いのではないでしょうか。

 

 これらの単語は日本で使われている単語ですので、英語にするとまた違う単語になります。

 

その他

 

ダンボール

 

その商品を発明した会社や人の名前がそのまま商品名として使われている単語もあります。

 

以下が代表例です。

 

和製英語 正式な英語 説明
パンパース a diaper アメリカの企業名がそのまま使われている言葉
ダンボール a cardboard 日本の実業家井上貞治郎(いのうえ ていじろう)さんによって作られた言葉
ホッチキス a stapler 機関銃の発明者ベンジャミン・B・ホッチキスの名前からとられた言葉
レントゲン x-ray ドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲンの名前からとられた言葉

 

 

ホッチキスという言葉は機関銃の仕組みとホッチキスの仕組みが似ていることから、機関銃の発明者であったベンジャミン・B・ホッチキスの名前をつけたそうです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

意外なものもあれば、そう言われてみればそうかもといった単語もあったのではないでしょうか。

日本で使う分には問題ないですが、海外でこれらの単語を使う際には注意が必要です。

 

最低限の和製英語を知っておくことで、筆者のように変に恥をかくこともなくなるはずです。(笑)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事